ちゃーこの紹介

年齢:推定7ヵ月(2021年7月現在)
性別:女の子
犬種:雑種
体重:9.5kg(まだ仔犬のためこれから大きくなります)

明るく元気いっぱいで、人に撫でられて甘える様子から、仔犬という言葉を表したような仔です。
環境の変化により最初は不安を見せる様子もありましたが、すぐに慣れたことから順応性はありそうです。

人は好きで、慣れた人には甘えたり撫でられてぐにゃぐにゃと喜ぶ姿も見られます。
一方で、人の関わり方によっては唸ることがあるので、犬の様子をよく注意して観察することが必要です。
行動や態度を見ているとまだまだ幼い感じです。

基本的に身体を触られることは平気ですが、脚を触られるのは苦手でスナッピング(やめてという意思表示で噛むフリをすること)が出ることがあります。人の関わり方によっては、口を触る時に唸ることもあります。
一度スナッピングが出ると、触られても平気な部位でもスナッピングが出ることがあるので、注意が必要です。スナッピングが出た場合は、一旦呼び掛けたり歩いたりして気を紛らわせてから触れ合ってあげると良いでしょう。

ケアやオスワリ、フセなどのコマンドは何も知らないため、上記の慣らしも含めて現在トレーニング中です。

他犬に興味があり、お腹を見せて上手に挨拶もできます。相性が合う犬とはよくじゃれ遊びます。ぐいぐい来られると引きはしますが、攻撃性は今の所見られません。

散歩は好きですが、まだ人と一緒に歩くことを知りません。若さもあり、興味のある方向へ歩いたり、引っ張りが強いです。現在、担当者が人の横で歩くことを教えています。

食べることは大好きです。食べ物を護って唸る、咬むなどの行動は現在見られません。

トイレは外派です。ただまだ若いため、嬉しくて興奮すると室内でもオシッコをしてしまう可能性があります。

クレートで寝泊まりをすることができますが、環境や人に慣れてきて甘えていいことが分かってから、散歩前や他の犬が散歩して自分は留守番という時などに要求で吠えることがあります。

留守番もできます。ただし、これから成長していく犬のため、長い時間の留守番があるご家庭には不向きかもしれません。ですが、長時間の散歩などで発散させてから留守番させる、その対応をずっと継続してお世話し続けることができるのであれば、長時間の留守番があるご家庭でも飼育することは可能です。

☆お世話の注意点

自分のやりたいことが叶わないと要求吠えが出ることがあります。これに答えてしまうと要求吠えの悪化に繋がるので注意が必要です。

まだまだ若く、元気なので日々の運動はしっかりとしてあげる必要があります。運動不足だと鳴いたり、吠えたり、いたずら、引っ張りなどが強くなる可能性があります。

若さ故、歯のムズ痒さがあるのか、ハウスやジョイントマットなどを齧ることがあります。注意すれば止めますが、誤飲や怪我防止のため事前に部屋の片付けをし、自由に行動させる時はちゃーこの様子を観察し注意しておくことが必要です。

☆こんな家族に向いています

兄弟犬がいたので、相性次第で多頭飼育にも適正があります。

慣れた人にはじゃれたり甘えたりが大好きですが、人の関わり方しだいでは唸ったりと態度が違うので、小さなお子様のいるご家庭はその点を考慮して考えていただいたほうがいいかもしれません。

裏表無く、素直で仔犬らしい元気さを持っている、これからが大事な時期の犬です。

人と暮らす楽しさと同時に、散歩の仕方やハウストレーニング、運動の習慣化など家庭犬のルールを教え、ちゃーこを家族に迎えた後も教え続けていくことが里親家族はもちろん、この仔にとっても必要なことでしょう。

時間、手間、関わりを毎日の生活でしっかりと取れるご家族に向いています。