くくりの紹介

年齢:推定6歳(2015年生まれ)
性別:男の子
犬種:雑種
体重:19kg

穏やかで、落ち着きのある仔です。
人が近づくと緊張し引く様子が見られますが、人を過度に怖がることはなく、興味や関心の根はしっかりあるので、人の接し方次第で人を信じ頼る関係を作ることができます。
大人しい性格のため積極性はあまり見られませんが、人から撫でたり、お手入れすること等を求められると受け入れてくれます。

身体は、脚以外は触ることを受け入れてくれますが、怖いという気持ちがベースにあり、身を引くことがあります
様子を見ながら、ゆっくり優しく接してあげるといいでしょう。

脚に関してはくくり罠に掛かって怪我をし、処置で左前足先を断脚しています。
その影響からか、脚を触られることを嫌がりますが、脚を引いたり隠す程度で攻撃性は見られません。

ケアは「ブラッシング、体拭き、耳掃除、歯磨き」は少し引く様子を見せるものの、行うことはできます。
「足拭き、爪切り」は脚を触られることを嫌がるため、まずは脚を触られることに慣れるトレーニングを行っています。

コマンドはオスワリができます。
それ以外のコマンドは知らないため、現在担当者がトレーニング中です。

散歩はできますが、身体が大きいのと断脚の影響で歩く度に負担が掛かるため、疲れやすいです。そのため長距離を歩くことが難しく、散歩は短距離で行っています。現在、くくりに合った散歩方法を模索中です。

他犬に対して積極性はありませんが、興味や関心の根はあります。
相手から匂いを嗅がれても嫌がる様子は見られません。

食べることは好きです。フードアグレッシブ(食べ物を護って人に攻撃的な行動をすること)等はありません。

トイレは外派です。散歩や庭など外でトイレを済ませる習慣が可能なご家族に向いています。

ハウス出来ます。留守番、夜も落ち着いて寝ることができます。

☆お世話の注意点

散歩は短距離で行うため、1日3回ぐらいは外に出して排泄や発散をさせてください。

また、身体に負担が掛からないよう、今の体型をキープするために体重管理をすることも大切です。

☆こんな家族に向いています

左前足先が処置により切断されていますが、痛みは無いのか現時点では分かっていません。
今後も経過観察することが必要です。
脚がないことを本犬自身が気にする態度はなく、くくりなりにマイペースに生きています。

迎えてくれる家族側が本犬のことを「かわいそう」という気持ちで迎えることはくくりのためにはなりません。
個性の一つとして、前向きな気持ちで本犬と向き合ってくれることが、くくりには何より必要です。

現在は短距離での散歩を行っていますが、環境や犬の状態によっては今後、脚を保護する物(靴下、義足、車イスなど)が必要になる可能性があります。
お部屋の中でもくくりが過ごすスペースにはジョイントマットなどを敷き詰めて前肢に負担がかからない環境を作っていただく必要があります。

穏やかな性格なので、老若男女関係なく人と関わりを持つことができます。
ただ、お世話するにあたり補助などが必要になる可能性も考え、19キロの中型犬サイズを支えたり抱えたりしても体力的に問題ない方がご家族にいらっしゃると良いでしょう。